在宅医療・介護の現場で
栄養士は確実に必要とされています!

管理栄養士が在宅の現場でもっと役立つために
在宅セミナー″を再び行います

介護保険がスタートして以来、在宅訪問に関わらせていただき、
さらに診療所での外来栄養指導、デイサービスでの栄養管理等
様々な在宅医療や介護に関わる皆様と連携を取らせていただいている中で
栄養士の活用に対してのご要望をお聞きする機会が多数ありました

その様な中で、昨秋から現在までの数か月で、周りの様子はこれまでと違ってきているように思います
同時にいくつもの在宅医療・介護の関係者から管理栄養士にと仕事を依頼していただき
また、4月に対応させていただいた在宅医療・介護に関わる方々を対象とした研修会や
6月に参加させていただいた町田市介護事業所交流会等を通じて
在宅医療・介護の現場において管理栄養士への期待が思いの外、大きくなっていると実感しました
在宅医療や介護の現場で管理栄養士を必要と思ってくださる方々は
広範囲で積極的に管理栄養士を探し始めています


介護に関わるいろいろな職種の方々が集まった交流会では
お会いした方々が口々に「栄養士を探していた」、「高齢者の食事について教えてほしい」
「栄養士の方といつでも連携がとれるようにしたい」、「在宅にぜったいに栄養士さんは必要!」
そう言ってくだる方々の勢いにとても驚きました
また、インターネット検索でこちらの会社を探して来てくださった
医療機関もいくつかあり、弊社の近隣では管理栄養士による在宅訪問が実現しています


それならば、これを他の地域にも拡大していこう!
少なくとも管理栄養士を必要と言ってくださっている地域に
1人ずつでもいいから対応できる管理栄養士が存在するようにしよう!

そこで昨秋から春にかけて行った在宅セミナーを9月にも開催します
2010年に初めて行った3日間の在宅セミナーでは受講者の中から在宅訪問を行うようになった方や
今年の春に行った在宅セミナー第2弾からは数名の方が自分の施設や地域で
在宅訪問のしくみづくりから始めてみたいと言ってくださいました。

少なくとも「管理栄養士を必要とする」地域・地区を担当できる管理栄養士がすこしずつ増えて行ったら・・・
そんな思いで在宅訪問を実践することができる管理栄養士の仲間を増やしたいと思います
実際には、在宅診療を行う医師の方々が運営する『在宅医ネットよこはま』と
弊社が栄養管理で関わっている『リハビリストホーム』(県内9か所)とタイアップした試みとなります
これらの組織の先には在宅で生活する人々がおり
栄養状態の改善や咀嚼・嚥下状況に応じた食形態の提案、
血糖コントロール等々について管理栄養士を必要としている方々がいらっしゃいます
まずニーズが必ずあるとわかっている地域・地区に
管理栄養士が1人でも関わることができるようにしていきたいと思います

セミナーのご案内はこちら →

そして、セミナーを修了された方の中で訪問に関わりたいと思う方は
最も近い地域を是非、担当していただき
在宅訪問に対応していただけたらと思っております
その際には初めてでも不安なく行うことができるよう
弊社でアセスメント内容、栄養ケア計画の策定等々をサポートさせていただきながら
実践にあたっていただければと思います

”管理栄養士自らが在宅訪問を実現するためのしくみを地域に作り
管理栄養士に対する期待を裏切らない成果を出すことができる”
その実現にご興味のある方はご連絡ください!



ご質問・お問い合わせはこちらまでお願いいたします
info@nutrisupport.co.jp

のページのトップへ
TOPへ