-管理栄養士は、いつでもあなたの食事や栄養をサポートする存在でありたい-
TOPヘルパー研修とケースカンファレンス

TOP食育講座と介護予防教室


Nutrition Support
Network LLC


    TOP

  会社概要

  事業内容

  研究内容

  アーカイブ

ご質問や
お問い合わせ
個人情報指針
Adobe Reader
アドビ社のページ
 

食物摂取頻度
調査票
FFQW82

無料ダウンロード
こちらから


 
Blog
"えいようさん"の
ひとりごと
在宅栄養
ケア

ご依頼
(研修会等)

糖尿病・在宅訪問
セミナー・イベント

介護予防
研究活動

  What's New
2018. 7 31
弊社ホームページはリニューアルしました
こちらからどうぞ➡
新ホームページをどうぞよろしくお願いします!

2018. 5 .12
新潟県栄養士会医療部会春期研修会
「ライフスタイル改善の成果を導く
エンパワーメントアプローチ」をテキストに
研修会を実施しました


2018. 4.27
管理栄養士による血糖コントロ―ルのための
「行動タイプ別アプローチ」の研究がいよいよ始まりました!


2018. 3.31

平成29年度たくさんの出会いがありました
「SILEプログラム」を知っていただいた方は
この1年で1,000人を超えました


栄養相談の成果につながるライフスタイル改善プログラム『SILE』の
実践マニュアル本は好評発売中です

ライフスタイル改善の成果を導くエンパワーメントアプローチ
─メタボリック症候群と糖尿病の事例をもとに─
著者 安達美佐 山岡和枝 渡辺満利子
 渡邉純子 丹後俊郎



目次・内容はこちらです →

******************************************************
*2017年 弊社の活動予定*
こちらです →

******************************************************


■ 糖尿病研究の協力募集 ■
病院・診療所に勤務する管理栄養士の皆様へ


血糖コントロールのための効果的な栄養相談に関する研究に
ご協力お願いします

研究の詳細はこちらです →

 病院や診療所での栄養相談ので実施できる
血糖コントロール効果が実証できたプログラム『SILE』です
プログラムで使用しているアセスメント票や教育媒体
評価方法等をすべて無料で提供させていただきます

 ご協力いただける医療機関にはプログラムの実施方法や
実施手順等をお伝えするために
全国どこへでも行かせていただきます

研究内容はこちらです ➡

生活改善プログラム『SILE』はこちらです ➡



■ これまでの研究活動 ■

 
全てRCT(無作為割付比較試験)により効果を実証しました
*糖尿病のための生活習慣改善プログラム「SILE」
*メタボリックシンドローム(予備軍を含む)改善のための
生活習慣改善プログラム「PSMets」
*中学生のための食育プログラム「PADOC」

詳細はこちらです ➡

**************************************************************

★安達美佐(共著)の本はおかげ様で売れ行き好調です

朝倉書店で発売中です(2016年3月重版決定!)
amazon.co.jpでも発売中です



ライフスタイル改善の実践と評価
~生活習慣病発症・重症化の予防に向けて~
山岡和枝・安達美佐・渡辺満利子・丹後俊郎 著
(朝倉書店)


内容(目次)はこちらです ⇒

<セミナ-開催のお知らせ>
 
「ライフスタイル改善プログラムSILE アドバンスセミナー」
平成30年2月17日(土)大宮で開催を予定しています
SILEをしっかり活用しよう!
「10分でできる食事アセスメント」と上記の本には載っていない
「事例検討」を2事例実施する予定です

「在宅のケアに関わる」
平成29年12月1日・2日 熊谷市で出張セミナ-を開催します

「事例検討会」の開催について
次回の平成30年3月10日(土)15:00~17:00です
年間開催予定はこちらです ⇒
 
 セミナー出張開催のご案内
全国どこへでも伺います!

詳細はこちらへ⇒
          *上記以前の更新履歴は「アーカイブ」をご参照ください

管理栄養士がサポートさせていただきます

    “栄養サポートネットワーク合同会社”は管理栄養士が運営する法人です
食事や栄養について相談したい時や管理栄養士が必要な時に、いつでも皆様のサポートができるよう下記の事業を展開しております。
“管理栄養士を必要とする方が、気軽に管理栄養士を活用できるネットワークを広げていきたい”
社名の「栄養サポートネットワーク」は、そんな思いから名づけました。現在、弊社は国の主要な健康施策(介護予防、特定保健指導、糖尿病対策、食育等)に関わる事業に対応させていただいており、いろいろな地域で管理栄養士が食事や健康に関する話題の提供させていただいております

介護予防事業

平成18年より介護予防事業(介護予防教室)に対応させていただいております
地域でお元気に暮らす65歳以上の方々を対象として、3年後、5年後の未来を見据え、いつまでも現状のまま、元気にお年を重ねるための食生活のポイントやご家庭で簡単にできる料理をお伝えしております。ご要望に応じて、試食や調理実習も実施します。(介護予防における一次予防事業)

体重や食事量が減ってきた等、栄養状態が悪化していく可能性がある65歳以上の方々を対象として、栄養状態の改善に向けた食事計画を作成し、個別に相談や提案などの支援を行います。(介護予防のおける二次予防事業)

介護予防教室では、参加された方が最後まで楽しく通うことができ、ご自宅でも気軽に実践できるようなプログラムメニューを心がけております。特に、事業評価も綿密に行い、参加者の変化が見える実施評価を行っています。

診療所での栄養食事指導(外来・訪問)

平成18年より診療所にて、「疾病の重症化予防のための生活改善事業」を展開

診療所において、患者さんが生活習慣の改善を意欲的に継続できるような継続型栄養相談を提供しております。
糖尿病、高血圧
、慢性腎臓病などの病気の悪化を予防したい患者さんが、無理なく継続的に生活改善を行うためのいろいろなサポートをご用意しています。

診療所に管理栄養士がいると、医療保険の“外来栄養食事指導料”を算定することが可能です。弊社の継続型栄養相談は、1人の患者さんから栄養相談ができるシステムになっています。

計画的な改善プログラムに基づき、減量や検査値改善に最も効果的な目標設定を行って取り組んでいただきます。生活の中で無理なく実行できる目標を患者さんといっしょに設定するため、多くの皆様から、「これならできる!」、
「思った以上に簡単なことだった」、「いつの間にか習慣ができていた」との声があがっています。

資料やレシピの配布、必要に応じた献立作成や食事診断等の他、弊社の管理栄養士がいつでもご質問や疑問にお答えします。担当の管理栄養士がいつもそばにいて“ひとりでがんばらない”生活改善をめざします。

プログラムの6ヶ月間の継続率はほぼ100%です。また、9割の方々が6ヶ月間で当初の目標を達成することができ、減量や検査値の改善を実現し、患者の皆様はもとより主治医も共に喜こんでいただく成果を得ております。


◎このプログラムは、プログラムの効果の評価を無作為割り付け試験により、糖尿病の改善に効果があることが検証されております。(平成25年5月:BMC Public Healthに論文が掲載されました)
訪問栄養食事指導も行います。介護保険、医療保険適用により患者さんのお宅を訪問して栄養改善を図ります。
詳細はお問い合わせください。医療機関やケアマネジャーの皆様に管理栄養士の在宅訪問の導入手順等の資料をお送りさせていただき、ご説明もさせていただいております。

デイサービスの栄養管理

デイサービス(通所介護)の利用者さんのお食事や栄養管理のサポートをさせていただいております。
管理栄養士による利用者さんの栄養サポートは、運動機能向上の訓練や体力維持に働きかけ、利用者さんがいつまでもお元気でデイサービスに通い続けるための体力づくりのお手伝いをさせていただきます。
要介護やその重度化の予防は栄養状態と密接な関係がありますので、利用者さんの栄養状態をよくしておくことがお元気に年を重ねていただくことにつながります。

施設に管理栄養士が所属していると、介護保険における“栄養改善加算”を算定することが可能です。“栄養改善加算”は、このままの食生活をしていると栄養状態が悪化するおそれがある方が対象となります。

弊社から派遣した管理栄養士を活用することで、質の高い人材の確保、費用の効率化を伴った“栄養改善加算”が実現します。(弊社は労働者派遣事業所として登録しております。)

“栄養管理加算”の対象者となる方の要件はこちらです →
                                              

講演会、研修会、調理講習会

食事や栄養に関わるテーマで講演会、研修会、調理講習会等に対応させていただいています。
 ・特定保健指導事業のスキルアップ研修会
 ・病院や診療所における栄養食事指導の実務研修会
 ・ヘルパー研修会
 ・食育関係のセミナーや調理実習
 ・在宅医療研修会(在宅での栄養管理)
 ・栄養士会研修会(在宅高齢者の栄養管理、栄養士活動のマネジメント等) 等々 
 
弊社の研修会は、実践とデータに基づく内容を重視しております。特に、栄養管理に必要な効率的なアセスメント項目、対象者のタイプ別のアプローチ方法など、確実に行動変容を促すための即戦力につながるスキルをお伝えすることができます。

また、メディアで公開されている食事や栄養の情報にとどまらず、実生活や参加者の皆様に即した情報をお伝えしています。「すぐに使える情報」、「ここが聞きたかった」、「どこからも聞いたことがなかった情報」などの声をいただいております。

これまで、市・県行政、医師会、在宅医療関係団体、小・中学校、訪問看護ステーション、栄養士会、自治会、公民館、ケアマネジャー、ヘルパー、各学会等の依頼に対応させていただいております。依頼者や参加者の要望に即した情報の提供を心がけ、また、多くは参加者もいっしょに考えたり、簡単なチェックやグループワークを取り入れ、“参加型の研修”を心がけております。

研究活動

各事業から得られたデータをもとに、効果的な生活改善のための支援方法や対象者のタイプに応じたアプローチ方法等、科学的な検討を行っています。
毎年、学会発表を行うことを目標に日々の実務をデータにまとめ、論文作成を行い、根拠に基づく方法論や情報を提供しています。

<テーマ>
・栄養情報の活用状況と課題の検討
・食物摂取頻度調査票の開発
・糖尿病における効果的な教育プログラムの効果の評価
・生活習慣病のリスク軽減と効果的な改善目標の関連
・生活改善における対象者のタイプ別アプローチ方法の検討  
・特定保健指導プログラムの効果の評価
・食育プログラムの効果の評価
 


 2016.10.31
弊社は10周年を迎えることができました
これまで支えてくださった皆様
ありがとうございます
これからも一生懸命がんばります!






     
栄養サポートネットワーク合同会社は
(有)ハイライフサポートと業務提携し
特定保健指導事業を行っています
Hi-Life SUPPORT
Oreos


ご質問・お問い合わせはこちらまでお願いいたします
info@nutrisupport.co.jp

 Copyright(C) 2007 栄養サポートネットワークLLC, All rights reserved.