「栄養アセスメントプロセス研究会」

TOPへ戻る研究内容

 目的

栄養士が行う食習慣改善を中心とした栄養教育での、対象者の栄養状態把握のための栄養アセスメントに
行動計量学的視点からの検討を行うことを目的とする。

 活動予定

  1. 従来一般的に行われていた食事摂取量および臨床検査値等に加えて、行動変容を把握し、変容過程を明確にした評価により、より効果的な栄養教育が実践されるものと期待される。本研究会では、そのための栄養アセスメント内容の吟味と方法に関しての検討を行う。
  2. 栄養士が実務上の情報と最新の研究文献等を収集しながら、その分析を行い、定期的な検討会を開催し、研究を進める。
  3. 検討成果については行動計量学会大会での特別セッション等での報告・発表を予定している。

 研究会の構成

安達 美佐      (栄養サポートネットワークLLC)
金子 伸子      (厚木中町クリニック)
寺澤 康子      (栄養サポートネットワークLLC)
中田 恵津子     (神奈川県立がんセンター)
山岡 和枝      (国立保健医療科学院技術評価部)
渡辺 満利子     (昭和女子大学大学院生活機構科)

連絡先 : 栄養サポートネットワークLLC    安達 美佐 
E-mail : info@nutrisupport.co.jp



  ご質問・お問い合わせはこちらまでお願いいたします
  info@nutrisupport.co.jp


このページのトップへ